Audible(オーディブル)おすすめの理由

Amazon

「Audible(オーディブル)って名前は聞いたことあるけどどんなサービス何だろう?」

「種類はどれだけあるの?」

「料金はいくらぐらい何だろう?」

「Audible(オーディブル)って聞いたことあるけど、どんな感じかな?」ってなりますよね?

私も最初聞いた時はそうでした。

でも、聴いてみたら気に入ってしまい今では毎日聴いています。

本記事からは私のAudible(オーディブル)おすすめする理由をご紹介したいと思います。

これを聴いていただければ、Audible(オーディブル)がどういうサービスで何がいいのか分かってもらえるかと思いますので是非聞いていって下さいね。

Audible(オーディブル)とは?

Amazonがやっているプラットフォームで書籍などの本を朗読してくれて私たちが聴くサービスです。

「朗読って著者が読んでくれるの?」

「朗読してくれる人は、朗読のプロの方や声優さんなどプロの方がやっているので聴きやすいでっすよ!」

つまり、Audible(オーディブル)とは、本をプロの朗読者が聴かせてくれるサービースです。

どんな書籍があって種類はどのくらいあるの?

メンタリストDaiGo『超習慣術』

前田裕二『メモの魔力』

堀江貴文『多動力』

岸見一郎・古賀史健『嫌われる勇気』

など人気どころも揃っており、40万タイトル以上が楽しめます。

こちらに載せた書籍は私が聴いたものでかなりおすすめです。

Audible(オーディブル)の料金は?

基本料金は、月額1500円(税込)で毎月1コイン付与されお得な会員特典や会員向けコンテンツが楽しめます。

単品のタイトルを定価の30%引きでご購入できます。

値段が高いような気がしますが、1冊2000円ぐらいのものがほとんどなのでかなりお買い得だと思います。

利用しなかったコインは、翌月へ繰り越しが可能です。ただし、入手した日から6ヶ月間までが有効です。

どういう人におすすめ?

電車などで通学や通勤の行き帰りの方。

寝る前に聴いてみたい方。

仕事の休憩時間に。

登録、聴き方のやり方

登録のやり方はこちらにサイトのリンクが貼ってありますので、そちらからサイトに飛んでいただければ登録できます。

また、Amazonのアカウントがあれば簡単に登録できます。

聴き方はAudible(オーディブル)というアプリがありますので、そちらを端末にダウンロードしていただければ聴けます。

スリープタイマーがあるので寝る前に聴くのにいいです。

注意として、アプリからは商品の購入ができませんのでブラウザでAudible(オーディブル)のサイトから購入して下さい。

購入したらアプリのライブラリに表示されるので、ダウンロードして下さい。

対応OSは、iOS、Android、Windows 10になります。

※MacOSには対応していません。

ですが、ブラウザからならどのOSからでも聴けますので問題はないと思います。

Audible Stationが無料で聴ける。

ビジネスの要約本から落語、お笑い、ヒーリングまで、バラエティ溢れる人気コンテンツを続々配信する「Audible Station」。会員なら、追加料金なしで楽しめます。

今人気の経済メディアの『NewsPicks』が聞ける。

『WEEKLY OCHIAI』

『NewsPicks アカデミア』

ホリエモンのYouTube動画『ホリエモンチャンネル』の

未公開部分の音声版。

吉本系の番組、松本人志と高須光聖のラジオ番組『放送室』。

Audible(オーディブル)限定もあります。

※こちらはアプリからライブラリに追加できます。

Audible(オーディブル)のおすすめの理由 まとめ

40万以上タイトルがある。

単品でタイトルを定価の30%引きで購入できる。

Audible Stationが無料で聴ける。

いかがだったでしょうか?

もしも、この記事読んでAudible(オーディブル)に登録したいと思った方は、こちらにサイトにリンクがありますのでそちらから登録してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今なら30日間無料体験やっているので1冊無料で聴けるのでお得です。

タイトルとURLをコピーしました