【Anker PowerCore III Fusion 5000 レビュー】USB-Cで充電器とモバイルバッテリーが一体型!

Anker PowerCore III Fusion 5000モバイルバッテリー
【Anker PowerCore III Fusion 5000 レビュー】USB-Cで充電器とモバイルバッテリーが一体型!

どうも!ひろゆき(@hiroyuki1973)です。

あなたはモバイルバッテリー持っていますか?

今時持っていない人はいないですよね。

じゃあ、急速充電器は持っていますか?

こちらも当然持ってますよね。

でもモバイルバッテリーとUSB急速充電器を2つ、

旅行先に持っていくのはかさばりますよね?

そんな人には、モバイルバッテリーとUSB急速充電器が1台で2役

ハイブリッドの「Anker PowerCore III Fusion 5000」がおすすめです。

  • モバイルバッテリーとUSB急速充電器がハイブリッドの商品がほしい人
  • 旅行先に持っていきたい人
  • USB-Cポートが必要な人
created by Rinker
Anker
¥3,590(2021/01/22 11:12:37時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

Anker PowerCore III Fusion 5000外観と付属品

Anker PowerCore III Fusion 5000
同梱物
  • 本体
  • トリセツ
  • トラベルポーチ

ケーブルは付いていませんが、トラベルポーチが付いています

スポンサーリンク

Anker PowerCore III Fusion 5000商品の特徴、スペック

Anker PowerCore III Fusion 5000

モバイルバッテリーとUSB急速充電器を両方使えるのが特徴です。

「Anker PowerCore Fusion 5000」のPowerIQ搭載から「Anker PowerCore III Fusion 5000」ではPowerIQ3.0に進化しています。

PD対応で最大18Wのフルスピード充電が可能です。

(USB-Cポート単体でのご利用時になります。)

PowerIQ3.0とは?

USB Power Delivery、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格と互換性があり、スマートフォンやタブレット端末、ノートPCなどの接続機器を、それぞれの機器に最適かつ最速のスピードで充電ができます。MacBook 12 インチであれば約2時間でフル充電可能です。

Anker PowerCore III Fusion 5000

折り畳み式のプラグが付いています。

Anker PowerCore III Fusion 5000

上部のボタンを押すと残量確認ができます。

全世代はポートはUSB-AとUSB-Aだったんですが、アップデートされてポートはUSB-CとUSB-Aになりました。

Anker PowerCore III Fusion 5000は181g

Anker PowerCore Fusion 5000は188g

重量は約181gで前作の「PowerCore Fusion 5000」の188gより軽くなっていいですね。

Anker PowerCore III Fusion 5000のまとめ

今回の記事では「【Anker PowerCore III Fusion 5000 レビュー】USB-Cで充電器とモバイルバッテリーが一体型!」を紹介してきました。

  • モバイルバッテリーとUSB急速充電器がハイブリッドの商品がほしい人
  • 旅行先に持っていきたい人
  • USB-Cポートが必要な人

デメリットは前世代からUSB-Cが付いたのはいいんですけど、できれば2ポートともUSB-Cにしてくれたらよかったんですけどね。

メリットはモバイルバッテリーとUSB急速充電器が一体型なのがいいですよね。

旅行に行く時にモバイルバッテリーとUSB急速充電器を2つ持っていくのはかさばりますからね。

以上、ひろゆき(@hiroyuki1973)でした。

created by Rinker
Anker
¥3,590(2021/01/22 11:12:37時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました